痛風 薬 ザイロック

痛風の痛みを緩和して、二度と痛風が起こらない薬。

もうあの苦しみはあじわいたくないです・・・。

 

片足の土踏まずが腫れあがり、針で力強く刺したような痛みを感じます。しかも、床に足を付けただけでも痛く、歩けないし、眠れない、、、骨折の痛みよりもヒドイ感覚でした。

 

この痛みの原因が痛風なんです。
tuufu.jpg

 

そこで私が利用しているのが、
痛風の痛み止めに「イブA錠」予防に「ザイロック」の薬を分けて服用しています。
kusuri.jpg

 

もともとは発作を未然に防ぐ薬コルヒチンを服用していました。

 

しかし、普段の食事管理や、薬の服用を忘れることが多く、そのようなことが関係し痛みにやられてしまいました、、、

 

 

痛風の原因

まず「痛風の薬」の前に、原因について少しだけ説明をしたいと思います。

 

 

よく痛風は「贅沢病」とか、「ビールの飲み過ぎ」とか、聞きますが、根本的に関係してくるのが「プリン体と乳酸」です。
tufuu.gif

 

昔と違い、現在では若い世代にも発症する人が多く、しかも痛風の患者の9割が男性だそうです。普段からたくさんのビールを飲んだり、暴飲暴食、ストレス、運動不足など、さまざまなことが重なり、尿酸が体内で作られ過ぎたり、排出されないことで濃度が高くなり結晶が溜まることで、炎症や神経に痛みが伝わり痛風が発生してしまいます。

 

特に、最近になりわかっているのが、痛風はプリン体を多く含む「料理、飲み物」が原因とされ、その中でもビールはプリン体が多く含む飲み物です。
alcohol-drink--object--pub--bar_3296941.jpg

 

そのような飲み物を毎日のようにたくさん飲むことで、プリン体が化学反応により尿酸に変わり、量が多ければ多いほど尿酸が増えてしまい、結果的に痛風になってしまうわけです。

 

尿酸は本来ならば老廃物として体外へ排出されますが、尿酸値が7mg/dl以上になると高尿酸血症となり痛風を発症しやすくなり”激痛”につながってしまいます。

 

そこで、利用するのが「発作を未然に防ぐ薬」と「尿酸値をコントロールする薬」この2つの痛風の薬です。

 

痛風に2つの薬

発作を未然に防ぐ薬「コルヒチン」

痛風の経験が一度でもある方ならわかるかもしれません。痛風の苦しい激痛を並々ならぬ経験したことがある人なら、次に発作が起こる前兆をわかると思います。

 

私も今回、前兆を足の親指に感じました。間隔としてはピリピリとした間隔で、しびれというより、軽い痛みを感じいました。

 

そこで、ここから服用を開始したのがコルヒチンです。

 

 

コルヒチンは痛風薬の中で「発作を未然に防ぐ薬」の部類になります。ただし、あくまでも服用をすれば必ず効き目があらわれ、発作を抑えて、次の痛風を予防するというわけではありません。

 

実際に私は服用を続けていたのですが、今回は効き目なく、痛風にやられました。

 

コルヒチンの効果としては、体内の白血球を尿酸ナトリウム血症を異物として攻撃するために、発作を未然に防ぎます。

 

服用する患者のの尿酸値や、コルヒチンの量などで効き目が変わるとされています。

 

やはり効き目を高めるためには、発作の前長期に感じたらすぐにでも服用することです。ただし、服用はじめの初期に、コルヒチン特有の尿酸値が急に下がることで発作がより起こりやすくなるために、十分に理解した上での服用が重要となります。

 

大量に服用すると、副作用で、腹痛や下痢、嘔吐が起こるかもとあるために、使用用量には十分に計画的に行うこと。

 

それから、激痛を感じてから服用しても十分な効き目がないために、もし激痛が起こったら、服用をやめ、鎮痛薬で痛みを抑えることが先決です。

 

コルヒチン

数量

価格

 

1錠価格

通販

50錠 2000円 40円 購入はコチラ>>

 

 

痛風の痛みを止める薬

そこで痛風発作のムズムズなどから、激痛に変わった場合は、鎮痛薬が効果を発揮してくれます

 

2fad00c3409a8d2be041c46b94ab84a2_s.jpg

 

鎮痛薬は、「頭痛、生理痛、腰痛、歯痛」など痛みを幅広くやわらげてくれます。しかし、気をつけたいのが、痛風の痛みを止める場合は鎮痛薬の成分を調べてから服用することが重要になります。

 

たとえば、国内で人気の鎮痛薬である「バファリンA」、主要成分はアセチルサリチル酸で、確かに痛風を感じた時に服用すれば痛みをやわらげてくれます。
bafarin.jpg
しかし、バファリンなどのアセチルサリチル酸はアスピリン継投に部類され、尿酸値を上げる作用があります・・・。

 

つまり、尿酸の排出機能が低下するために、結晶が溜まりやすくなるため、よけいに痛風がひどく「痛み・腫れ」が悪化してしまいます・・・。

 

鎮痛剤を選ぶときも、痛みを止めるだけでなく、「どのような成分が含まれているのか」しっかりと調べたいものです。

 

イブA状がオススメ

そこで、私が利用するのが「イブA錠」です。
eibue.jpg
主成分は、非ステロイド性消炎鎮痛剤に部類されるイブプロフェンで、痛風発作を誘発しないための血清尿酸値降下率があるために、痛風の痛みだけを止めてくれます。

 

そのため、痛風特有の痛みを止めるには「非ステロイド性消炎鎮痛剤」など、尿酸値に影響のない鎮痛剤を選ぶことが大切になると思います。

 

なお、非ステロイド抗炎症薬は痛みを抑えてくれるのですが、胃腸障害や腎障害などの副作用があるために使いすぎには注意が必要です。

 

特に、胃や十二指腸障害、腎機能障害をお持ちの方は、自己判断よりも、まずは医師とよく相談した後の服用が望ましいかと思います。

 

尿酸値を下げる薬

痛風の痛みが起こる原因として、血液中の尿酸値が高くなり、関節にたまった結晶が悪さをするのが要因で激痛に苦しめられます・・・。

 

あくまでもイブA状などの鎮痛剤は痛みをやわらげるだけで、根本的な原因である尿酸値とは関係ありません。そこで、専用の痛風薬(尿酸酸性過剰型)であるザイロックを服用します。
tamesu.jpg

 

肉や魚、ビールなどのアルコールに含まれているプリン体が影響し、血中尿酸値が7.0mg/dLを超える場合に痛風が発生しやすいといわれます。

 

そのために、痛風が起こった時、もしくは痛風になる前からザイロックを服用し、尿酸値を下げ「予防、改善」につなげるわけです。

 

このザイロックの作用としては、尿酸の整合性を抑える尿酸降下薬で、体内でプリン体から尿酸が生成するのを抑制し、尿酸の量を下げることで、痛風の予防や改善に用いられます。

ザイロリック

100mg(用量)

数量

価格

1錠価格

通販

100錠 3100円 27円 購入はコチラ >>
300mg(用量)

数量

価格

1錠価格

通販

50錠 1600円 32円 購入はコチラ >>
100錠 2800円 28円 購入はコチラ >>

 

 

腎臓のことを考えるならフェブリク

ザイロリックなどの痛風薬は尿酸生成抑制薬と呼ばれ、現在のところ3種類あり、ザイロリックは最も古くから使われている薬です。

 

私も何年も前から服用していますが、薬を継続して服用していると腎臓への負担が大きいです。
もし腎機能障害のある人は十分に理解した上での服用が重要です。

 

絶対に服用してはいけないというわけではありませんが、用量を少なくするなどして慎重に用いる必要があります。

 

 

そこで症状や先のことを意識して、ザイロリックからフェブリクに切り替えるという考えがあっても良いかもしれません。

 

1962年に開発されたのがザイロリックで、約40年の時を経てフェブリクが開発されました。

 

フェブリクを簡単に言うと、腎臓に負担をかけず(かけにくい)に、尿酸値をコントロールする薬です。

 

腎機能障害や腎臓のことを考えて痛風の薬を服用しているならフェブキソスタット成分が含まれているフェブリクが心置きなく服用できると思います。

 

腎臓への負担が少ないので、軽度から中等度の腎機能障害ならば容量を減らす必要なく服用することができる。

 

それから、1日1回の服用で効き目を感じることができますし、その他に尿路結石の治療としても有効とされています。

 

ただし、価格のことを考えるとザイロリックよりフェブリックのほうが若干高いです。

フェブリク

数量

薬価

1錠の薬価

通販

50錠(80mg) 3000 60円 購入はコチラ >>>
100錠(40mg 3800 30円 購入はコチラ >>>

 

 

薬を通販で購入する

痛風の痛みを止める非ステロイド性消炎のイブA錠などは「病院、市販、通販」など手軽に購入することができます。

 

しかし、ザイロックやフェブリク、コルヒチンなどに関して、市販薬としては適用されないため、病院での処方になります。
byoui

 

個人輸入でザイロックを購入する

もう一つの方法として、個人輸入代行を利用しザイロックやフェブリク、コルヒチンを購入することができます。私は、この個人輸入代行で購入し利用しています。

 

個人輸入代行とは、本人が飲むという条件であれば、医師の処方がなくても、海外の通販で購入することができます。
100mgkoji

 

同じように「痛風、高尿酸血症」に悩んでいる人ならご存知かと思いますが、ザイロリック、などの尿酸降下薬は一定期間は飲み続けなくてはいけません。私もいろいろ調べたんですが、食事環境の改善、制限、サプリなどを試しても現時点では効果はさほどなく難しいのが現状です。

 

そのために、上手にザイロックやフェブリク、コルヒチンと付き合って行かなくてはいけません。

 

薬を服用することに抵抗はないのですが、問題は「お金時間」です。このコスト面を補ってくれるのが個人輸入代行になります。

 

たとえば、私の場合、今まで1カ月に1回のペースで病院に通院し、ザイロックを処方していました。しかし、「薬代、通院費、待ち時間」など、先々のことを考えると、どうしても無駄が多いです・・・。それに対し現在、利用している個人輸入代行の通販サイトでは薬代は病院の薬価とほとんど変わりなく、送料無料でザイロックを購入することができます。

 

処方

薬名

用量

1錠の薬価

病院 ザイロリック 50mg 15.1円
病院 ザイロリック 100mg 25.3円

処方

薬名

用量

1錠の薬価

個人輸入 ザイロリック 100mg 約30円
個人輸入 ザイロリック 300mg 約30円

 

「安さ、手軽さ」を求めて、海外のザイロックを購入するのはリスクを伴うかもしれませんが、実績があり信頼できる輸入代行業者から購入する事でリスクをかなり抑えられると思います。

 

ザイロリック

100mg(用量)

数量

価格

1錠価格

通販

100錠 3100円 27円 購入はコチラ >>
300mg(用量)

数量

価格

1錠価格

通販

50錠 1600円 32円 購入はコチラ >>
100錠 2800円 28円 購入はコチラ >>

 

 

フェブリク

数量

薬価

1錠の薬価

通販

50錠(80mg) 3000 60円 購入はコチラ >>>
100錠(40mg 3800 30円 購入はコチラ >>>

 

コルヒチン

数量

価格

 

1錠価格

通販

50錠 2000円 40円 購入はコチラ>>

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの上へ