「無症候性好尿酸血気」

なってから気づくことが多いのですが、何よりも怖いのが、高尿酸血症の状態を放置することで、痛風の発作を引き起こす原因になりかねない。

 

急に今までにないような激痛の痛みから、歩けないような苦しみ、、、そこで、ネットで調べて「これが痛風か」っという展開になる。

 

しかし、痛風は一つではなく、様々なことがあります。

 

「無症候性好尿酸血気」
「急性痛風発作気」
「慢性結節性通風期」

 

この3段階に部類されるそうです。
なんだか、痛風は一つのように見えるのですが、そんなことはなく、症状がそれぞれ違うとのこと。

 

無症候性好尿酸血気の場合は、尿酸値が高いが、これといった症状がないという時期。なので、あまり気づかないそうです。
尿酸値の基準値は7.0mg/dlを超えていても、すぐに痛風や尿酸結石などの自覚症状は現れない。痛みなども出ないために、気づかない。

 

健康診断を受けておらず、自分の尿酸値を知る機会がないために、お酒を毎日過剰に飲んだりすると、当然の事ながら、どんどんと増えてきます。

 

痛風の発作を起こして初めて、自分の高尿酸血症だと知ります。

 

最近では、「無症候性好尿酸血気」に掛かる人が増えているそうで、時期であっても、尿結石や肝臓障害に生じやすいこともわかっています。

 

一番は、毎年のように健康診断を受けること。
そうすることで、ある程度のつう婦の予防や対策が行えるので、事前のケアをしておくことが重要になりますね。