治療にあせて行うこと

生活習慣と毎日の薬を服用

痛風にも生活改善と薬物療法の2本の改善方法が有ります。

 

たしかに、薬を毎日のように服用すれば、尿酸値を徐々に下げることにつながります。その一方で色々な矛盾点が出ているのも事実で、服用を始めてから、急に痛憤が起こることも有ります。

 

たとえ、尿酸値がおさまったからといって、もう安心とばかりに通院をやめたり、個人で薬を変えたりする人もいます。

 

すると確実に再発することがあるために、薬物療法を意識しつつも、生活改善にも力を入れたいところです。

 

二本柱を毎日のように意識したらアルコールを摂取しても大丈夫と考えてしまう人もいますが、まずは尿酸値を下げることが第一です。薬物療法や生活習慣を意識しても、アルコールを過剰に毎日のように服用していたら本末転倒です。

 

毎日のように、食事や運動を意識したり、痛風薬を欠かさず服用していたら、投薬量を減らすことにもつながります。

 

直ぐに結果は出なくても、毎日の繰り返すことに意味がありますので、重要性が高くなると思います。

 

 

が、副作用のことがありますし、食事のことなども関係するために、やはり生活改善に対してまずは意識することが重要になります。