関節に起こりやすい偽痛風

痛風と偽痛風の違い

足に激痛が走ったからといって必ずしも痛風というわけではありません。これを偽痛風とよばれています。偽痛風という名前の由来としては、痛風と非常によく似ているからついた生で、尿酸の結晶が関節炎を起こす病気とされています。

 

これに対して、偽痛風はピロリ酸カルシウムという血症関節炎を起こす病気であり、本人では気づかないのですが、病院でX線で検査を受けることでわかります。

 

痛風と間違われる要因としては、関節部が赤く腫れたりいたんだりするからで、見た目や場所が痛風と似通っているからです。

 

痛風に似た病気としてよく知られているが、その他にも外反母趾や変形性関節症、関節リウマチが有ります。ただし、一度でも痛風を味わったことがある人なら、ある程度の見分けがつくかもしれません。それは、痛風が他の病気の症状よりもダントツで痛みが強いからです。

 

体の痛みの中でも、痛風はトップクラスとも呼ばれ、鎮痛剤を服用しても、期待ができないことが有ります。

 

ただし、事前にどのような病気が間違われやすいのかを事前に知っておくことも大切なことです。もし、同じような症状を感じた場合は、病院で検査を受けることが必要になり、自己判断をせずに、意思の診断を受けることが解決につながります。