毎日の食事の意識

腹八分を意識する

薬物療法とともに意識したいのが生活改善ですね。そのなかで、朝食を抜かずに、毎日のように1日3食を心がけることが大切で、食事管理を考えておくことでも、痛風の数値を下げることにもつながります。

 

 

1日3食をバランスよく取ることが大事なんですが、この基本的なことを行えない人がいると、痛風が起こりやすくなるし、たとえ痛風薬を服用しても、効き目があらわれなくなります。これはいけませんよね?

 

朝食を抜くと、大食い、栄養過多、肥満という悪循環になりかねません。健康的なこと、体にとって大切なことを考えておくことが健康につながり、痛風にならないはずです。

 

夕食を取るときは、寝る3時間前に取ることです。ついつい、自宅に帰ってから食べた後に、睡魔が襲ってきて、すぐに眠りに入る人がいますが、これでは消化しておらず、肝臓や腸に栄養分が届きません。このような日々画を繰り返していると、栄養不可になるし、尿酸値を下げること、持続する事にもなりません。

 

そして、基本中の基本である浴感でゆっくりと食べることです。早食いは血糖値を急上昇させるだけでなく、満腹注水に信号が送られないことが有ります。

 

口の中に食べ物を届けたら、一旦箸を置き、30〜40回以上は噛むことを意識することです。すると、唾液とともに、胃の中に届くために、消化されやすく栄養を補給することができます。

 

毎日の食生活の中で意識して行うことが重要になります。