酸素を吸収

有酸素運動でもジョギング

痛風対策としては、野菜を中心とした低カロリーの食事の改善がオススメですが、運動もとても大事です。
痛風対策には尿酸値を低くすることが大切ですが、そのためには習慣的に酸素を沢山取り込むことができる有酸素運動を心掛けると良いでしょう。

 

痛風の改善には尿酸値を下げることが大切なので、病院に行くと必ず尿酸値を下げる薬が処方されます。
病院での治療はもちろん効果的なのですが、自分でできることとして日常的に運動するということも大切です。
ただ運動と言っても何でも良いというわけではなく、運動によっては逆に尿酸値を上げてしまう可能性もあります。
たとえば、ウエイトトレーニングや短距離走などの無酸素運動はオススメできません。
ですから有酸素運動の効果がみられる運動としてオススメで、ウォーキングや水泳など、体に酸素を取り込みながら運動をすると良いでしょう。
尿酸値の高い人は、酸素を取り入れながらゆっくり行なう有酸素運動をすると良く、オススメなのはウォーキングやジョギング、水泳、エアロビクス、サイクリングなどです。
日常生活の中で体を動かすこともできれば行いたいところで、通勤などの際はエスカレーターやエレベーターなどではなく階段を利用するようにしましょう。

 

痛風対策としては、有酸素運動をして尿酸値を下げたいのですが、その際大事なことは30分以上継続することです。
尿酸値を下げるには継続して行うことがポイントになるので、少なくとも1日30分程度はする必要があります。
なかなか時間が作れない人は、10分程度の運動を3回に分けても良く、1日おきに1時間を目安として運動する方法でもかまいません。
また、運動することに慣れていない人は、3日に1回くらいのペースで少しずつ身体を動かすようにしていくといいでしょう。
特別な運動時間をしなくても工夫次第で運動量を増やすことは可能で、たとえば掃除機がけや風呂掃除などもテキパキとすれば運動になります。
有酸素運動する場合、負荷の大きい運動は逆効果になるので、頑張りすぎるのもよくありません。
過度な負荷を与える運動をすると、逆に尿酸が作られてしまうことになるので、適度な運動を心がけながら、日々継続していきましょう。

 

痛風対策には運動が効果的で、その中でもとくに有酸素運動がオススメです。
有酸素運動でもジョギングや水泳などが良いのですが、時間のない人は日常生活の中で運動量を増やせるよう工夫したいですね。