抗酸化ポリフェノール

チェリーには尿酸値と炎症

果物の中でも人気のあるチェリーには、アントシアニンやカリウムなど普段の生活で不足しがちな栄養素が豊富に含まれているんです。
その中でも注目したい成分には抗酸化ポリフェノールの働きがあるので痛風にもよく効くようです。

 

チェリーの健康効果は非常に高く、よく知られているのが視機能改善効果や動脈硬化の予防、貧血予防効果、アレルギー症状緩和効果などです。
そうした中、チェリーには炎症を抑制する効果も期待できるので、痛風にも効果的なのです。
実際にチェリーのエキスを摂取すると、炎症を抑えることが可能で、運動後の筋肉疲労や損傷、痛みを軽減する効果が期待できます。
それはチェリーにアミグダリンやケルセチンなどの炎症を抑える効果が期待できる成分が含まれているからですが、抗酸化ポリフェノール働きによるところも大きいです。
チェリーにはアントシアニンなどポリフェノール類が沢山含まれているので、抗酸化作用により関節の痛みを軽減できる可能性があります。
ビタミンやミネラルなどは他のフルーツよりも少ないのですが、抗酸化物質を豊富に含んでいるのがチェリーの特徴です。
アントシアニン、βカロテンなどのポリフェノール類が、痛風の炎症改善に寄与します。

 

チェリーには痛風発作の再発を防ぐ効果を期待することができる効能があるので、関節の炎症を抑えるのに役立つといわれています。
関節が炎症を起こして痛くなるのが痛風ですが、その原因は血中の尿酸値が上昇することにあります。
尿酸塩の結晶が沈着することで痛みが出て関節の激痛を誘引するのですが、チェリーには尿酸値と炎症を減少させる働きがあるのです。
実際、痛風発作が起きた人にチェリーを服用させたところ、改善されたというデータが報告されています。
特に発作の再発リスクを低減する働きが強く、チェリーの摂取で痛風の発作のリスクが大きく下がることが確認済みです。
チェリーを摂取すると、発作の再発の可能性が低くなるのでオススメです。
こうしたチェリーの効果は、アントシアニンによるところが大きく、抗酸化ポリフェノールの働きによるものと言われます。
抗酸化成分のポリフェノールには、炎症を起こした細胞と組織を安定させる作用があるのです。

 

チェリーが痛風に効くというのは意外かもしれませんが、それは成分の抗酸化ポリフェノールの働きが関与しています。
痛風は尿酸値の上昇により、関節が炎症を起こして激しく痛むのですが、チェリーには尿酸値と炎症を減少させる効能が期待できます。