プリン体の多い食品

尿酸値を高めて痛風を悪化

痛風の食事でよく指摘されるのがプリン体で、過剰摂取することに注意がよく呼びかけられています。
プリン体の摂取量は痛風予防に深く関与していることから、以前から厳しく言われていますが、摂取制限は果たして必要なのでしょうか。

 

プリン体の摂り過ぎは尿酸値を上げる原因にもなることから日常の食事において注意が必要です。
プリン体を含む食品は、痛風の原因となる尿酸を体内に多く作ることになるので、高プリン体食品の過剰摂取には気をつける必要があります。
気になるのがどんな食品にプリン体が多いかですが、それは肉類では鶏レバー、豚レバーなどで、魚介類では煮干しや鰹節などです。
特にプリン体を多く含むレバーなどはできるだけ控えるようにし、珍味や干物なども摂り過ぎには注意しないといけません。
他にも干し椎茸やブロッコリースプライト、ローヤルゼリーや納豆などもプリン体を沢山含んでいます。
これらの食材は健康に良い感じがしますが、プリン体の数値は高いので、痛風の人は摂取を控えましょう。
通常一日に摂取するプリン体の量は約400mg以下となっているので、食品に含まれるプリン体量を把握しながら食品を摂取していくことが重要です。

 

痛風改善には、何より尿酸値改善に重きを置く必要があるので、プリン体の含有量が多い食品は控えることが求められます。
プリン体は食事から摂取すると肝臓に集められ、尿酸に変わって尿酸値を高める為、痛風によくないとされています。
尿酸は通常、尿に溶けて体外へと排泄されるので問題はないのですが、過剰に増えると結晶化してしまい、それが異物とみなされて白血球の攻撃を受けて激しい痛みを伴います。
そうしたことから、痛風の予防にはプリン体を多く含む食材を控える必要があるんです。
近年、プリン体の多くは腸管内で分解されることが解明されました。
また、食事から吸収するプリン体より、自信の体の中で合成されてできるプリン体のほうが実は多い事もわかっています。
しかし痛風予防のために高プリン体食品を避けることはやはり大事なことで、食事療法では尿酸値を上げないことが重要になってくるので特に尿酸値が高い人は注意しましょう。

 

プリン体の多い食品は、痛風の原因である尿酸値を高めることになるのでプリン体を多く含む食品の摂りすぎには十分注意する必要があります。
尿酸値を高めて痛風を悪化させる恐れがあるので、レバーや干物、納豆などの摂り過ぎには注意し、1日400mgを超えないようにしましょう。