疲れと痛風の関係

疲れを解消させるには

痛風の原因としてはプリン体と尿酸が関係し、血液の中で量が多いことが関係し尿酸値が高くなってしまいます。しかし、もう一つ関係してくるのが疲れです。食事や飲み物は正常でも、疲れが溜まることで、プリン体の量が高まり、痛風が起こってしまいます。

 

そのために、食事管理も大切ですが、疲れをため込まないことも意識したい所です。そこで、普段から血流をどれだけ活発に流せるかが大切になると思います。コリの原因は血流の悪さで、同じ姿勢を続ければどうしても、筋肉は硬くなり、これが原因で血の流れも悪くなり、神経などにも支障をきたしてしまいます。すると、血流がつまり、酸素や栄養の供給が不足して老廃物が溜まります。血流が悪くなった血管からは発痛物質などの成分が漏れ出し、これが凝りや痛みの自覚症状となります。

 

そして、結果的に疲れになるわけです。

 

マッサージや入浴で血流が改善するとコリがほぐれる、でも、筋肉そのものは柔らかくなり、効果は一時的なものです。普通の志士胃が悪かったり体の動かし方によりこりが有ったりするために、すぐに血流が悪くなって再びこりが起こることもあるために、姿勢をただし、疲れを溜めないようにすることで、痛風の予防にもつながると思います。