赤ワインとビール

プリン体の少ない赤ワイン

ビールはプリン体の含む量が多いために、痛風になりやすい、が、アルコールを体内に吸収しないと、ストレス解消をすることができません・・・そこで、私はビールから赤ワインに乗り換えています。

 

アルコールの中でも、赤ワイン、それからウイスキーやブランデーなどは非常にプリン体が少ないのです。どうしても、ビールのつまみは揚げ物や味の濃いものが多く、酒量も増えがちに・・・。プリン体は油ものにもたくさん含まれています。でも、赤ワインは合わせる料理のバリエーションが広く、野菜や魚を生で食べる機会が増えるというメリットが多いです。

 

野菜や魚にもプリンタ胃は含まれているのですが、脂ものとひかくするときわめて少ないとされています。とりあえずビールと位より、週間で選んでいるものも少なくなり、今日何を食べるかは明らかに先々のことを考えても、ビールよりも、プリン体の少ない赤ワインでほろ酔いを毎日楽しむほうが、健康的にもストレス解消にもよろしいのではないでしょうか。