植物性の乳酸菌とプリン体

乳酸菌とプリン体

乳酸値を下げるために薬を服用することも大切ですが、毎日食べている食事からも大きく関係するために、出来ることなら必要な分はしっかりと体内に吸収させたいものです。そこで、私は発行漬物をご飯の横において食べています。それが植物乳酸菌で、野菜や果物、プリン本などの表面に付着し、植物に含まれるブドウ糖や果物、そしてプリン体をエサにして生きる乳酸菌です。

 

同じ乳酸菌でもヨーグルトなどに含まれる動物性由来の乳酸期とは異なり、動物由来の乳酸菌は、父などの栄養豊富な環境で生きるといわれる育ちの良い栄養分です。これに比べて植物性の乳酸菌は栄養が貧しい、他の細菌やカビなどとも競合しながら生き延びている。過酷な環境下にいる分乳酸菌自体が強いのです。そのために、ブドウ糖や加藤、プリン体などを食べてくれるわけですね。

 

ただし、左翼物性乳酸菌には塩分がたくさん含まれているために注意です。これはプリン体を増やす役割があるので、それから抗血症やのうそっ長、胃癌などのリスクを高める原因になることもあります。発行漬物は塩分が高すぎると発酵が進まないため、あまり塩分の濃度が高い植物乳酸菌は避けておきたい所です。