健康のことを考えてきゃげつを毎日食べる

健康のことを考えて

どこのスーパーにでも売ってそうなキャベツなんですが、実は痛風をやわらげる効果があるそうです。今では痛風の予防にザイロックを服用することで乳酸値を下げることができるし、痛みが激化したときに鎮痛剤を服用すれば治まります。しかし、昔はキャベツの葉をアイロンで熱して薄くして、何枚かに重ねてから湿布のようにして痛風の痛みを防いでいたそうです。

 

キャベツの栄養分であるケールやビタミンが大きく関係しているそうです。そのために、普段から食べることで、痛風の原因であるプリン体を下げる効果があるとのことです。その他にも、ウイルスやガン細胞を殺す働きがあるのも有名ですね。世界のがん研究をリードするアメリカ国立がん研究所は、野菜の中でニンニクに次いで第二位にキャベツが効果が期待できると発表しています。

 

痛風だけでなく、体のことを考えると様々なことに期待することができると負うために毎日でも積極的に食べたいものです。