昔と比べ、現代のほうが人数が増えている

風邪が触れるだけで激痛が起こる痛風

前触れもなく急に覆ってしまうのが痛風の特徴です。
基本的に、痛風は体全体に起こると言われていますが、その中で特に多いのがヒザから下の関節部分。それまで経験をしたことがないような激痛が起こる病気です。

 

痛風はいたい風と言われ、発作が起きると、風が吹いて、患部に足るだけでも激痛を感じるという意味があります。それほど、症状の痛みが強いということになります。

 

日本の厚生労働省の調べによると、痛風に悩まされているのが約50〜60万人と呼ばれかなり多い患者数ですが痛風予備軍といわれる高尿酸血症患者の数をお合わせると約600万人以上と言われています。

 

昔と比べお酒を飲む人が減っていると言われていますが、痛風の患者数はドンドンと増えているそうです。この病気は、今から約70年前の第二次世界大戦以前は、日本人は殆どいなかったそうです。しかし、戦後、日本の経済が発展することで、食の豊か佐賀関係し、飲酒量が増えるに連れ、それと同時に痛風という病気の発症率が高くなったと言われています。

 

お酒を飲むことは悪いことではありません。ただ、体のこと、健康のことを考えると、しっかりと自分をコントロールすることが重要になると思います。