昔と比べ、女性にも痛風に悩まされている女性がりる

男性と女性の違い

痛風といえばお酒のイメージが強いのですが、もう一つ、痛風と密接に関係するのが男性です。

 

実は、20〜30年前は、男性の患者が圧倒的に多く、患者の約99%だったそうです。この原因としては、ジョセに比べ男性は、尿酸の送料が多く、思春期になると、尿酸の量が急激に増えてしまう。その後、加齢とともに低下してしまいます。

 

尿酸が低下するのは男性特有の症状ですが、この部分が異常に尿酸値が上がり過ぎること、高尿酸血症が起こり、その場外を長年続けることで、痛風が起こってしまうわけです。

 

そのため、定期的な健康診断などを受けることが重要になります。痛風は、急に痛みが起こりますが、尿酸値が急に高くなることはありません。徐々に尿酸値が上がるために、毎年のように検査を受け、尿酸値をしっかりと確認しておくことも大切。

 

それから、女性は閉経後はエストロゲンなどの女性ホルモンの分泌が減って、尿酸の量が増えることから、特に腎疾患にある人は高尿酸血症を起こしやすいと言われています。

 

男性の場合だと、約30〜50代の方に多いと割れていますが、女性だと40〜50歳の閉経前後に発症しやすいことがわかっています。

 

ただ、今までは、男女ともに中年以降に起こりやすいと言われていましたが、最近では若い世代にも急速に増えていることがわかっています。これは、若い世代の食生活の乱れ、つまり、欧米化が影響したり、ストレスやアルコールの摂取量の過剰が関係し、起こっているとのこと。

 

毎日の食生活、アルコールの量、ストレスの緩和など、意識的に緩和させることが重要になります。