ストレスを溜めないようにする

痛風とストレスの関係

痛風といえば、酒の飲み過ぎや、食事のバランスが悪いことで尿酸値が上がってしまい症状が起こってしまいます。

 

しかし、コレダケが原因ではなく、その他に、過労やストレスがき掛けとなり、尿酸値が上昇し、下半身の神経が急激に痛んでしまうケースが有ります。

 

他の生活環境の病気と同じように、長い時間をかけて生活環境に影響されがち、とくに、ストレスがなぜ尿酸値を上昇するか理解していない人も多いのが現実。

 

このメカニズムはまだはっきりとしたことはわかっていないそうですが、痛風が、ストレスが多い中間管理職のサラリーマンに多く起こることははっきりとしています。

 

中年期により、ホルモンの分泌に変化が起こり、その状況のなかで、過剰なストレスを受けてしまいます。すると、肝臓から尿酸が排泄されにくくなり、これが一つの要因で、尿酸値が高まり、痛みにつながってしまう。

 

どうしても、ストレスが過剰に貯まることで、副交感神経に大きな影響をあたえるために、間接的に尿酸値を高めることもわかっています。しかし、ストレスが影響して、食べ過ぎたり、酒を飲み過ぎることで、痛風の発作が起こりやすくもなります。

 

現代社会において、ストレスが全くない生活はほとんどムリとは思いますが、足ごとあ忙しい時には食事のメニューや食べる量に対して気を使うこと。ちょっとした事なんですが、尿酸を一定に保つことができるために、痛風の予防につながります。

 

 

ることとbンhgvq1起こりやすいと言われています。